Google
 

仮想離婚


夫婦お互いが分かれる意思が無くても「仮に一旦離婚する」ことが、いわゆる仮想離婚といわれるものです。

仮想離婚を行う主な理由は、借金による債権者からの強制執行を受けそうな時、一旦離婚して財産分与をすれば、夫婦二人で築いた財産の一部を、強制執行から免れることが出来る。
又は、仮想離婚をして生活保護を受けることを目的とする場合もあります。

しかし、この仮想離婚によってトラブルが起こる場合が少なくありません。
仮想離婚した相手が別の女性と結婚してしまったり、再婚する前に死亡してしまい、相続を受けられなくなったなどの、当初の思惑と違った結果に陥る場合もあるのです。

仮想離婚は本来の正当な目的のための行為ではなく、逆に不利な立場に立たされることもありえます。
たとえば、強制執行を免れた財産分与を、債権者から取り消しを要求されたり、生活保護を受けている場合は、不正受給分の返還を求められる可能性があります。

仮想離婚は大きなトラブルとリスクが伴うと認識しておきましょう。


【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード