Google
 

離婚の原因


◆不貞行為
配偶者のある者が自由な意思のもとで、配偶者以外の者と性的関係を持つことを「不貞行為」といい、法律が規定する法定離婚原因の一つとされています。

性的関係を持たない、いわゆるプラトニックな関係では不貞行為に当たりません。
しかし、性的関係を持たなくてもそれによって精神的にダメージを受けるなど、夫婦関係が破綻した場合は、後述の「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当することもあります。

◆悪意の遺棄
夫婦は同居してお互い協力、扶助し合わなければならないということを、法律で決められているため、相手を家から追い出す、家出を繰り返すなど、夫婦としての協力・扶助をしない行為が明らかな場合、悪意の遺棄として離婚が認められます。

◆相手の生死が三年以上不明の時
相手の生存が最後に確認されてから三年以上経過し、なおかつ現在の生死が不明であれば、離婚が認められます。
離婚が認められるには、捜索願を出しているなどの証拠が必要となります。

◆回復の見込みのない重度の精神病
夫婦お互いの役割や協力を十分に果たすことができない重度の精神病にかかっている場合、離婚が認められる場合があります。
精神病の程度や状況にもよりますが、最終的には精神科医の鑑定結果に委ねられます。

◆婚姻を継続しがたい重大な事由
配偶者から明らかな暴力(ドメステックバイオレンス)を受けている、家庭内別居が続いている、性交渉が拒否される、配偶者の親族との関係が上手くいかない(嫁姑の問題)、配偶者が宗教活動にのめり込み、夫婦関係が破綻しているなどの具体的な事情がある場合、婚姻を継続しがたい重大な事由として、離婚を認められることがあります。



奥様から、ある日突然離婚を切り出される。具体的な理由(浮気をしたなど)も無いのに。

言われた方は、まさに晴天の霹靂で訳が分からないでしょう。

しかし、これはよくあるパターンです。

離婚の理由が「もう、やっていかれない」「一人で考えたい」「自信がなくなった」という場合は、そのほとんどが異性の存在があると思っていいでしょう。

離婚の理由がまったくわからない場合、ほとんどの方は「男性の存在など考えられない」と思ってしまうことが多く、気づいた時には浮気が本気になっていた、という場合が多いのです。

離婚したくないのなら、現実をしっかり見つめて事実を理解し、原因を(浮気など)取り除く努力をしましょう。

話し合いが出来ない状態になってしまったら「夫婦円満調停」の申し立てをするのがいいでしょう。




男が浮気をいたい10の理由です。

● 配偶者以外の女性とセックスを楽しみたい … 38.3%

● 自分の世界を広げたい          … 30.1%

● 日常生活にメリハリがほしい       … 27.8%

● いつも誰かに恋をしているべき      … 24.1%

● スリルを味わいたい           … 22.6%

● 夫婦生活に不満がある          … 18.0%

● 妻しか女性を知らないのが嫌       … 12.0%

● 自分がどうなるか興味がある       … 9.8%

● 男としての自身を持つため        … 9.0%

● 男は複数の女性と付き合って当然     … 6.8%





共同不法行為という言葉を耳にしたことはありませんか?

浮気をした配偶者と愛人は、連帯して慰謝料の全額支払い責任を負うという考え方です。

浮気をされた配偶者は、原則としては愛人に慰謝料を請求できますが、浮気した配偶者が慰謝料を支払えば、愛人の慰謝料支払い債務は消滅するとした判例があります。


嫁と姑の問題は、親と同居の場合、少なからずあるのではないでしょうか?

我慢するか、しないか、ということになるのでしょうけど、知っておかなければならないのは、もしもあなたが「嫁姑問題」で離婚を申し立てたとしても、「よほどの場合」を除いて、法律が認める離婚事由にはならないということです。

ただし、もしあなたが「姑と不仲なのに、夫が何もしてくれない」と言う理由で離婚を申し立てたとしたら、それは「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして、離婚を認められる場合があります。

嫁と姑の間に入って調整役を果たさない夫は十分離婚理由になり得るということです。

*「よほどの場合」とは、舅や姑による暴力、舅による性的暴力、姑による差別
  的な発言など。


女性が離婚したいと思った時(理由)の統計です。

価値観の違い…     41.0%

性格の不一致…     40.5%

ケンカが発展して…   32.2%
 
金銭感覚の不一致…   23.4%

夫の親と折り合いが悪い… 16.6%

趣味が合わない…    14.1%

夫の浮気…       11.7%

夫が自分に無関心…   9.8%

束縛され過ぎる…    9.3%

夫が家庭を顧みない…  7.3%


【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード