トップページ離婚問題Q&A集一度放棄した養育費を請求したい

離婚問題Q&A集



離婚時にどうしても子供の親権者になりたくて、養育費を請求しないことを条件にして夫に同意をもらいました。
しかし、離婚後の生活は苦しく、やっぱり別れた夫にも養育費を負担して欲しいと考えるようになりました。
離婚時に養育費の請求権を放棄してしまった場合、改めて請求することができるのでしょうか。


一度養育費の請求を放棄した場合でも、改めて請求することができます。
家庭裁判所に養育費請求の調停を申立てて請求してください。

親権者になる代わりに養育費を放棄したという行為は、夫と妻の間の取り決めです。
しかし、子供には「扶養権利者」として、親に扶養を請求する権利があり、扶養義務者である親が放棄することはできません。
したがって、離婚の際に夫婦間で取り決めた「養育費は請求しない」という約束は、子供から見た場合「無効」ということになります。
夫婦間でどのような話し合いがあったにせよ、子供にとって著しく不利益となる約束は無効となります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード