トップページ離婚問題Q&A集偽装離婚後元妻と復縁したい

離婚問題Q&A集



事業に失敗し、多額の借金が出来てしまった為に、債権者から妻への取立てを避けるため、妻と話し合って時期を見て復縁することを前提に、協議離婚をした。
借金返済が一段落したので、元妻に復縁を持ちかけたところ拒否された。
離婚は偽装だったので、離婚の無効を主張して復縁することは出来るのか?


一度提出した離婚届は撤回されません。
離婚は完全に有効で、離婚の無効を主張しても、元妻が再婚に応じない場合、復縁は難しいでしょう。

◆偽装離婚は無効
協議離婚はお互いの意思だけで離婚できるので、理由がどうであれ離婚の意思があればできる。
よって、離婚届を提出して受理されれば、お互い離婚の意思があったものとみなされ、離婚は有効になる。

◆離婚が無効となる場合
夫が妻に一方的に離婚を迫り、妻が拒否したため暴力を振るって妻を脅し、その場を収拾するため妻が仕方なく離婚届にサインと押印したものを、夫が勝手に提出し受理されてしまったが、夫婦間に離婚の合意が成立していたとは認められず、離婚は無効と判断された事例がある。



トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード