トップページ離婚の原因法定離婚原因(五つの離婚原因)

離婚の原因


◆不貞行為
配偶者のある者が自由な意思のもとで、配偶者以外の者と性的関係を持つことを「不貞行為」といい、法律が規定する法定離婚原因の一つとされています。

性的関係を持たない、いわゆるプラトニックな関係では不貞行為に当たりません。
しかし、性的関係を持たなくてもそれによって精神的にダメージを受けるなど、夫婦関係が破綻した場合は、後述の「婚姻を継続しがたい重大な事由」に該当することもあります。

◆悪意の遺棄
夫婦は同居してお互い協力、扶助し合わなければならないということを、法律で決められているため、相手を家から追い出す、家出を繰り返すなど、夫婦としての協力・扶助をしない行為が明らかな場合、悪意の遺棄として離婚が認められます。

◆相手の生死が三年以上不明の時
相手の生存が最後に確認されてから三年以上経過し、なおかつ現在の生死が不明であれば、離婚が認められます。
離婚が認められるには、捜索願を出しているなどの証拠が必要となります。

◆回復の見込みのない重度の精神病
夫婦お互いの役割や協力を十分に果たすことができない重度の精神病にかかっている場合、離婚が認められる場合があります。
精神病の程度や状況にもよりますが、最終的には精神科医の鑑定結果に委ねられます。

◆婚姻を継続しがたい重大な事由
配偶者から明らかな暴力(ドメステックバイオレンス)を受けている、家庭内別居が続いている、性交渉が拒否される、配偶者の親族との関係が上手くいかない(嫁姑の問題)、配偶者が宗教活動にのめり込み、夫婦関係が破綻しているなどの具体的な事情がある場合、婚姻を継続しがたい重大な事由として、離婚を認められることがあります。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード