トップページ芸能人の離婚事情ショーケン、いしだあゆみさんとは未入籍だった

芸能人の離婚事情

2008/3/13

ショーケンこと俳優・萩原健一さん(57)が14日に出版する自叙伝「ショーケン」(講談社)で、自らの半生を赤裸々につづっています。

母親と不倫をした男性との間に生まれ、兄弟は父親が違う出生の秘密から、大麻などの麻薬の乱用と3度の逮捕歴などの他に、いしだあゆみさん(59)とは婚姻届を出していなかったことも明かしています。

中でも、女性遍歴は倍賞美津子(61)をはじめ、さまざまな女性との生活が描かれていますが「特定の女性とのつきあいが重なったことはない。いつも間があるんだよ」と語っています。

ほかにも、松田優作さんとライバル視されたことについて「おれ自身は優作をライバルだと思ったことはない。ライバルだったと言えるとすれば沢田研二です」と明かしています。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード