トップページ離婚の原因嫁姑問題

離婚の原因


嫁と姑の問題は、親と同居の場合、少なからずあるのではないでしょうか?

我慢するか、しないか、ということになるのでしょうけど、知っておかなければならないのは、もしもあなたが「嫁姑問題」で離婚を申し立てたとしても、「よほどの場合」を除いて、法律が認める離婚事由にはならないということです。

ただし、もしあなたが「姑と不仲なのに、夫が何もしてくれない」と言う理由で離婚を申し立てたとしたら、それは「婚姻を継続しがたい重大な事由」があるとして、離婚を認められる場合があります。

嫁と姑の間に入って調整役を果たさない夫は十分離婚理由になり得るということです。

*「よほどの場合」とは、舅や姑による暴力、舅による性的暴力、姑による差別
  的な発言など。

トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
【離婚調停アンケート】
●初回調停は…

 不安があった・・・・91% 
 不安はなかった・・・9%
 自信があった・・・・50%
 自信なかった・・・・50%
 恐怖心があった・・・82%
 恐怖心はなかった・・18%
 期待があった・・・・79%
 期待はなかった・・・21%

●あなたは弁護士への相談は…
 
 相談した・・・・・・85.2%
 相談していない・・・12.8%

●相手方は弁護士への相談は…

 相談した・・・・・49%
 相談していない・・21%
 不明・・・・・・・30%
 
●弁護士に依頼して…
 
 よかったと思う・・・・・78%
 よかったとは思わない・・22%

●調停委員の態度は…

 良いと感じた・・・76%
 悪いと感じた・・・24%
【資料引用】
●厚生労働省人口動態統計
●国民生活白書
●司法統計
●内閣府『男女間の暴力に関する調
 査』
●ウィキペディア
QRコード
QRコード